ニューホライズン教科書3年生 レッスン 10, UNIT 2, PART 2

皆さんこんにちは。 今日は、現在完了形の疑問文の作り方、それに対する答え方を勉強していきます。 現在完了形は、世界中の英語学習者にとって、なかなか難しい文法になっていて、どんな時に使ったらいいのかなぁと悩んでいるのは、私達日本人だけではありません。😅 現在完了形の大きなポイントは、過去から今につながっている内容を話していることだと思います。この繋がりがないのが、過去形ということになりますね。 さて、もう一つマイケル先生がお話ししていて興味深いのは、英語では、挨拶をするときに相手の名前をつけるということ。 でも通常、日本では、挨拶だけで、相手の名前をつけることはしません。 . なので、「こんにちは、田中さん」 「あ、こんにちは、鈴木さん」 といった会話は、ちょっと不自然に聞こえてしまいます。 でも、英語になると、親しい人同士の挨拶で、むしろ相手の名前をつけないと、とても冷たい響きになってしまうそうです。さて、そこで湧き上がる疑問は、英語で挨拶するとき、もし相手の名前をどうしても思い出せないときは、どうしたらいいのでしょう? さぁ、知りたくなった皆さん、ぜひ、マイケル先生の解説を聴いてみて下さい。😊💕💕

ニューホライズン教科書1年生 レッスン 10, UNIT 3, PART 3

皆さんこんにちは。 今回のレッスンは、一般動詞の否定文になります。 いつもMichael先生がおっしゃっていますが、とにかく、英語は書いて覚える以上に、口に出して、自然な響きを頭に覚えさせてしまうのが、近道なんですね。 日本人が、なかなか自分のものにできない、主語が3人称単数のとき、動詞にSをつけるというルール。 私も、話していると、時々忘れてしまう時があります。 なので、自然に話していても忘れないように、もっと英語を話して練習しなくてはと思います。 皆さん、一緒に頑張りましょう。 他にも、会話文の中で “just a little” というフレーズを紹介しています。 野球について詳しいですか?と尋ねられたとき、「いゃあ、ちょっとだけどね」と言いたい時や、 もっとおかわりはいかがですか? ときかれて、「ほんの少しでいいです」 なんて言う時、この、just a littleはとても便利な表現ですね。 どんなことでも構いません。分からないことがありましたら、ぜひコメントをお寄せください。 また教科書の例文から、自分で書いてみた文章など、何でも構いませんので、お便りください。

ニューホライズン教科書2年生 レッスン 9, UNIT 2, PART 1

Michael先生からのメッセージ 「What’s your plans for the weekend? これは、会話をするためのきっかけを作るフレーズなので、もう少し気軽に答えていいんですよ。」 このフレーズは、 It’s just a conversation starter. なので、もし、家にいるだけだったら、 I’m gong to relax at home. で十分です。 今回は、be going toを使って、未来のことを述べられる文章を紹介します。 他にもたくさんの英語文法のヒントや発音を紹介しています。 Go shopping Go to the park 👉go の後、アクティビティの場合はtoはいらないよ。 What are you going to do …

ニューホライズン教科書3年生 レッスン 8, プレゼンテーション

日本の文化をプレゼンテーションで紹介しますしょ! 今回のプログラムは、presentation についてです。日本語でプレゼンテーションするのは小学生の時にやっていると思いますが、これからは、英語のpresentation もトライしてみて下さい。 . 「日本の文化を誰かに紹介しましょう」 と言われると、とても敷居が高くて、私には無理だと思われる謙虚な方が多いと思いますが、このニューホライズンの例文を見てみると、そんなに難しく考えなくていいんだなと思えてくると思います。 プロの通訳士になるわけではありませんから、簡単な説明で良いんです。😊💕 . 英文を考えるときは、なるべく英語から英語に考える方が良いのですが、このように何かを人に紹介する場合、文を組み立てるには、まず母語である日本語で考えるのが楽だと思います。 . まず説明したいもの、イベントでも、そのイメージを頭の中に描いてみましょう。文章ではなくて、絵、写真を想像してみましょう。 . 自分の心に、ぱっと思いついたこと。それが、紹介される人にも同じようにインパクトがあるはずなので、まずそこから話をしていくと楽だと思います。 . マイケル先生は、ゆのみ(湯のみ)という日本語から、真っ先に、you know meという英文を思いついたのですね。 なので1番最初に、ダジャレから説明しています。 . アメリカ人はユーモアが大好きです。 アメリカ人に、日本の文化を説明するときは、このようにジョークを交えて説明すると、心が打ち解けて、ますます、その先の会話が進んでいきますよ。 . それから、A kind of という表現はとても便利ですね。「〜みたいな感じ」というニュアンスを含ませたい場合に、ぜひ使ってみてください。 . ところで、皆さん、おにぎりは好きですか? 日本を訪れる外国人旅行者の中には、おにぎりの大ファンになって帰られる人も多いと聞きます。😋😋 パリパリの海苔のおいしいおにぎりが、どこのコンビニエンスでも、100円ちょっとで買えるなんて、私たち日本人はとても幸せなのでしょう。😊💕💕

日記を書く、ニューホライズン教科書2年生 レッスン 8, Daily Scene 日記を書く

皆さんこんにちは。 日記を書く事は、思っているより、そんなに難しくないです。 逆に、とっても良い勉強になります。 突然ですが、普段日記を書いていますか? 😄💕 これを聞いて、「日本語でも書いていないのに、英語の日記なんて書けるわけなーい」と思っている中学生の皆さんも多いと思います。 私も中学生の時、全く同じように思っていました。 でも、英語で日記を書くと、ためになることがたくさんあるんです。 1つ目は、過去形が自然に覚えられる。 日記は、全て過去形で書くことになるので、分からない動詞の過去形を、その都度調べることになり、自然に覚えていけるんです。 2つ目は、英語で説明上手になる。 日記は、誰かに今日あった出来事を伝える形式で書くので、実際に英語を話さなくても、あたかも、誰かに向かって、英語を話しているかのように、英会話の訓練をすることができます。 この時大切なのは、まず日本語で日記を書いて、それを全て英訳しようとしないこと。 いきなり英語で考えるのがいいのです。😄 もちろん、「そんなの、無理に決まってるじゃん😫」と思いますよね。 でも、それが、よく言われている「英語脳」を育てる、1番の近道なんです。😌大変だと思うのも当然なんですけど。私もそうだから。😅😅 そこで、Michael先生と提案しているのは、英語の例文の一部は残し、まずは1つ2つだけでも、自分の考えた単語を入れて作文を完成させてみること。 ただ例文を、そのまま写すのではなく、例えば、”in the morning” はそのままにしておいて、 “I went to the park in the morning and…” と、自分の文章にしていく。そして、その状況をイメージしながら読んでみる。 そしたら今度は、in the morning を、at 10 a.m.にしてみる。 こうしていくと、最終的にできた文章は、自分で考えたものになるし、英語の文章が、どんなふうに組み立てられているのかが、自然に身に付いていきます。 そして、細かい英語のスペルや文法は、とりあえず気にしないで書いてみる。 もしどうしても気になるようだったら、それを学校の英語担当の先生に見てもらって、間違えがないか確認する。 …

ニューホライズン教科書1年生 レッスン 8, UNIT 3, (pg 39) Play, Do, Go for Sports

みなさん、こんにちは。 今回もとても楽しい内容になっています。 皆さんの中には、部活動でいろいろなスポーツをしている子供達も多いと思いますが、水泳や、剣道、柔道の場合、英語でどんなふうに表現したらいいのか分かりますか? Playじゃないの?と思ったみなさん、ぜひ今回のプログラムを見てください。☺️ どんなスポーツに、Playという動詞が使えるのか分かりますよ。 それから、日本でも、大好きな人も多いピザ🍕ですが、それをそのままの発音で言ってしまうと、英語圏では、イタリアのとても有名な建物を想像してしまう方が多いそうです。それはどんな建築物なのでしょう? 英語のピザの発音も、一緒に練習しましょう。 何か疑問に思うこと、マイケル先生にきいてみたいなぁと思うことがありましたら、ぜひ日本語で構いませんので、コメントでお寄せください。😉 (Tower of Pisa edited by Johann H. Addicks (Photography of Johann H. ADdicks) CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons)

ニューホライズン教科書3年生 レッスン 7, UNIT 1, PART 4 (pg 13) & Daily Scene 1

皆さんこんにちは。 今回のレッスンは、2つのパートが1つになっていますので、通常より長くなっています。 まず前半では、makeを使った英文の作り方を説明しています。英語はモノが主語になって、人を驚かせたり幸せにしたりする言語です。 これは日本語訳すると、「〜のおかげで」「〜のせいで」となります。 なので、日本語訳で「〜のおかげで」を英訳にするときは、モノが主語になる英語の文章を、まず考えてみてください。英作文しやすくなりますよ。 後半は、食事に招かれたときの会話のやりとりを紹介しています。 いつかきっと、実際に使える表現ばかりですので、こちらも、じっくりお聞きになって使えるようになってください。

ニューホライズン教科書2年生 レッスン 7, UNIT 1, PART 4 (pg 13)

皆さんこんにちは。 今回のレッスンは、英語らしい表現「look」を取り上げています。 そしてこのlookと同じように使える様々な動詞をマイケル先生とともに紹介しています。 ただ、smell(〜という匂いがする)だけは、ちょっと使う時、注意が必要ですね。😂😂 とにかく、頭で考えて覚えるよりも、口に出して、自分の身の回りのものを英語で表現してみましょう。 使える英語は、まず使ってみることから始まります。一緒に頑張りましょう。☺️💕

ニューホライズン教科書1年生 レッスン 7, UNIT 3, PART 1A

みなさん、こんにちは。 いつもご覧になってくださり、ありがとうございます。 私達は、中学生の皆さんに、この番組を通じて、英語の楽しさを感じ、使える英語を学ぶ喜びを体験してほしいと願って、毎回作っています。 ぜひ、毎日の暮らしに、英語を使ってみてください。 その小さな一歩が、あなたの英語を確実に上達させてくれます。 今回も楽しいレッスンになっています。 とくに、音読に力を入れたい方は、ぜひ、私がMichael先生の隣でしているように、少し遅れてカバーするように言ってみてください。 英語は、毎日練習することで、体が自然に、そのリズムや発音を覚えていきます。 皆さんは、もう忘れてしまったかもしれませんが、母国語である日本語を学び始めた時も、やさしい文章を音読するところからスタートしています。 英語も同じ。ぜひ、毎日、何かをしながらでもいいので、ブツブツ英語で呟いてみてください。教科書の音読は、自然に脳が覚えてしまうので、テストの対策にもバッチリですよ。 それから、外国から来たお友達と初めて会った時、相手の名前がよく聞き取れなかったら、どんなふうに尋ねればいいのかをMichael先生が教えてくれています。ぜひご覧になってください。

ニューホライズン教科書3年生 レッスン 6, UNIT 1, PART 4

3年生のみなさん、部活動に受験勉強と、大変お忙しい中、私たちの番組をご覧になって下さってありがとうございます。 1年生のプログラムと比べると、3年生は、英語の解説が多くなっていると思います。 リスニングにもなりますので、もし分からないところがあっても、諦めず、何回も聴いてみて下さい。 「だんだんわかる、なんとなくわかる。」 リスニングは、そんなふうにして伸びていく能力だと思います。 一語一句、すべて理解する必要はないと思って、聴いてみてください。 それから、音読をすると、リスニングの能力も伸びてきます。それに音読が上達すると、英語らしく読めて、ちょっとかっこいいですよね。😎💕ぜひトライしてみて下さい。 今も昔も、日本の文化はとてもユニークなため、世界中で愛されているんですね。 😊さて、マイケル先生は、日本にいたとき、どんなアニメを見て日本語を勉強したのでしょうか? よかったら聴いてみて下さい。